HOME > 関連事業:環境事業
環境事業

オールライナー工法

この工法は、熱硬化性樹脂を含浸させたベースホースに、キャリブレーションホースを反転させたライナーホースをマンホール間の管内に挿入し、水圧にて拡径し、密着させた後、樹脂を熱硬化させ、管内をライニングする工法で、わずか1日で100mを全面更正。
管種、管経はもとより、卵型管や矩形渠といったあらゆる形状の管渠にも適用できます。



■オールライナー 3つの特徴

1.いろいろなニーズにお応えします

1.管種・管径・管形状を選ばず施工可能
ヒューム管、陶管、鋼管などの円形管の他、卵形管や矩形渠にも施工できます。
2.自立管として所要強度に応じたライナー厚が可能
ベースホースの厚さは任意に選定できるため、種々の施工状況に対応できます。
3.段差や曲りでも滑らかな仕上り
キャリブレーションホースには、充分な延びがあるため、アイロン効果が発揮され、段差や曲がりでも滑らかに仕上ります。

2.高い信頼性

1.厳しい品質管理により高信頼度の材料を提供
工場内で樹脂の計量・混合・含浸とキャリブレーションホースの反転挿入を行っています。これらは厳しい品質管理下にて実施されており、安心して使用いただける材料をお届けできます。

2.ライナー厚さの確保が万全
樹脂は、内・外2層の不透過性フィルムに保護されたフェルトに含浸されています。
浸入水に対しても確実な厚さが保持されます。

3.優れた施工性

1.現場作業が極めて容易
現場で樹脂の計量・混合、ベースホースへの含浸、キャリブレーションホースの反転など作業が不要となりました。このため現場作業が極めて容易となり短時間で長距離施工(100m/1日)を可能としました。

2.施工時の環境汚染なし
施工時、地下水汚染や揮発性物質の開放がなく、周囲の環境汚染なし。

3.一ヶ所のマンホールから多方向への施工が可能


■オールライナー工場工程



1.材料準備
2.樹脂混合
3.ベースホース樹脂含浸
4.キャリブレーションホース反転挿入
5.保冷出荷







■オールライナー現場工程

 

1.準備(右図参照)
2.管渠内洗浄・TV調査(右図参照)
3.含浸済ライナーホースの搬入・セット
(右図参照)

4.キャリブレーションホース拡経・加圧
(右図参照)

5.加熱硬化(右図参照)


6.温水の冷却・排水
7.管口仕上げ
8.取り付け管部穿孔
9.TV調査・片付け

 

■オールライナー仕様

適用可能口径、形状 150mm~1500mm : 円形管、卵形管、矩形渠
ライナー厚さ 4mm以上
材質 ・ 外層不透過性フィルム : ポリエチレンフィルム
・ 内層不透過性フィルム : ポリウレタンフィルム
・ 硬化樹脂層 : 不飽和ポリエステル樹脂+(フェルト)
物性
短期引張強さ 20N/mm2 (メーカー試験時方法)
短期曲げ強さ 40N/mm2  
短期曲げ弾性率 3500N/mm2  
 

 


▲施工後

▲施工前

本社:〒420-0845 静岡県静岡市葵区太田町33番地  TEL:054-209-2500 FAX:054-247-5471
© 2008 HIRAI CO.,LTD. All Rights Reserved.