加藤島エリア越流堤工その1工事が完成しました。

 

越流堤は洪水時遊水地内に水を引き込み河川の水位を下げる施設である為、遊水地の機能として一番効果のある箇所へ設置してあります。効果としては3っつのエリア(加藤島・立石・安東)の完成により平成26年度10月に巴川流域で甚大な被害を発生させた台風18号と同規模の豪雨に対して、浸水被害の軽減が見込まれます。
この工事は遊水地の災害対策事業の一環として大雨による出水対策工事として行われました。出水時に巴川水位上昇を抑制するため既存堤防を切下げ遊水地に流入させ、これにより巴川下流域の影響低減を図ります。